活性酸素と抗酸化物質



 活性酸素とは、さまざまな栄養素と酸素が結びついてエネルギーに変わる過程で体内で出来る不安定な状態の酸素です。もともと細菌やウイルスなどと戦う体の防御システムとなる活性酸素ですが、外部からの刺激に過剰反応を起こし、逆に体を傷つけてしまうことがあります。通常は体内の活性酸素とそれを中和する働きのある抗酸化物質のバランスが取れていますが、ストレス、食生活のみだれ、排気ガス、喫煙、飲酒、紫外線、残留農薬、食品添加物、ダイオキシンなどにより、体内の活性酸素のバランスが崩れると、活性酸素が体を攻撃し、アトピー性皮膚炎、花粉症、ガン、リューマチ、心臓疾患、糖尿病、パーキンソン氏病、アルツハイマー病や脳卒中などあらゆる病気の原因となります。また、加齢と共に、体が活性酸素を中和する働きが弱まり、病気に対する抵抗力も弱まってしまいます。この活性酸素による老化防止のためにも、やはり抗酸化物質を体内に取り入れるしかありません。この活性酸素を抑える抗酸化物質はたくさん種類がありますが、近年の研究でアスタキサンチンが一番強力な抗酸化物質であることがわかってきました。アスタキサンチンを摂取する事で活性酸素による老化防止にもなるといえます。

アスタキサンチンの効果、効能HOMEへ アスタキサンチンの効果、効能HOMEへ
健康的ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。