アスタキサンチンとは?

数年前より、テレビ、雑誌においても何かと取り上げられている「アスタキサンチン」ですが、「アスタキサンチン」とは何なのかを簡単に解説します。

アスタキサンチンはカロチノイドの一種です。カロチノイド系の天然色素はニンジンのベータカロチン、唐辛子のカプサイシン、トマトのリコピンなどの緑黄色野菜などに代表され、強い抗酸化力があることで知られます。
アスタキサンチンは体にダメージを及ぼすフリーラジカルや活性酸素を減らす働きがあり、ビタミンE、ビタミンC、ベータカロチン、ルテインなど他の抗酸化物よりも更に効果的な抗酸化作用を発揮します。

よく「アスタキチンサン」や「アスタキトサン」「アスタキチン」などと呼称を間違えやすいので要注意です。



?アスタキサンチンの発見は?
『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine) は1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質である。β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される。IUPAC名は 3,3'-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4'-ジオン。自然界に広く分布する。甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られる。名前はギリシャ語の "yellow flower" に由来するが、実際の色は赤色である。生体内では遊離型、モノエステル型、ジエステル型の3形態が可能であるが、多くは脂肪酸エステル型であり、血漿リポタンパク質と結合した形で存在する。甲殻類ではタンパク質(オボルビン、クラスタシアニン)と結合し、カロテノプロテインとして存在している。タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色を呈するが、加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色を呈する。甲殻類を茹でると赤くなるのはこの現象に由来する。


アスタキサンチンの効果、効能HOMEへ
健康的ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。